愛人と付き合った体験談

自分は30代の男性ですが、一回でも愛人と言われるものを作ってみたくて、その手の経験談に詳しい友人から取り次いでもらった事があります。
さすがに愛人と言われるだけあってキレイな子で、普段はOLの勤務をやっている20代前半の女の子でした。
芸能人で説明すれば北川景子系というか、キレイで魅力がある、間違いなく自分の望みどおりのタイプで驚きました。
友人が自分の好みを認識していて、気を利かせてくれたようです。
自分から彼女に対する具体的なサポートに関しては…わかりやすく説明するとその分だけで生活出来るような中身でした。
彼女は性格が可愛らしく、サポートがあるため付き合っているといった事をひとつとして感じさせない頭の良さもありました。
どうしてこんな子が愛人を志望していたのか少々不思議でしたが、そんなに深く詮索して嫌がられるのも困るため、深くは突っ込まずに関係を続けました。
付き合っていくうちに、確かに愛人と思われるよりもカップルといった状況になっていき、彼女も普段から何度も連絡をくれるようになっていきました。
職場の相談などにも心底乗っていたので、信頼されてるような気がして嬉しかったです。
愛人と言われると会う時だけに限られた関係といった印象が強かったではありますが、相性次第ではこういった関係になる事もありますのでしょう。
カップルみたいな愛人関係でしたが、それ以上の関係は自分の求める所では無かったので、距離を縮め過ぎないかのごとく気を付けました。
最後にはは自分の方から愛人関係を終わりにしたわけですが、最後にひどく淋しそうにしていたことが印象的でした。
社会的に聞くようなドライなものとは違って、メンタル的にも満たされて幸せな愛人関係でした。